読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼくの日記帳

高学歴でありながら、無能ゆえにニートになった男の再起譚。

3回目

 

また更新が滞った。

きっと続けることが唯一のソリューションなので、

まじめに続けたいと思う。

思う。善処しますに同じ。

 

ポケモンをしていた。

ソフトを買うとき、10年以上忘れていたわくわくが、

もどってきた。

わくわくしすぎて、電車の路線をまちがえた。

わくわくしすぎて、知人に知らせた。

うざがられた。こんなことが小学生のころにもあった。

 

ポケモンのルビーサファイアが発売されたときだった。

周りの友人はみんな、ゲームボーイアドバンスを持っていて、

買うことは前提で話をしていた。

しかし自分はもっていなくて、話に乗りきれなかった。

こんな切なさとは別に、当時自分は懸賞にはまっていて、

コロコロコミックファミ通の懸賞に応募していた。

そしたらなんとふたつとも当選。

とてつもなくうれしかった。

あたったことではない。

皆と同じように遊べて、仲間外れにならないからだ。

みんなも自分が同じ立場になることを喜んでくれると思って、

一人一人電話した。

すると翌日、じぶんは自慢しまわる人間にしたてあげられていた。

今思えば、あれは、あの場にいた人間の総意だったのか、

自分のことを善く思わない人間による操作だったのか。

 

そんなことを少し思い出した。

 

とにもかくにも、ずっとポケモンをしていた。

昨日ポケモンリーグをクリアし、ひとまず終わった。

 

童心に帰ったせいか、小学校や中学校の描写が

夢に沢山出てきた。

そのなかに、閉ざされた部屋があり、そこは努力することの

素晴らしさが閉じ込めてあった。

その部屋にもう一度入りたいと思った。

 

広くなった世界や価値観に、その部屋は見落とされていたけれど、

自分とは、こういう人間だったと気付かされる夢だった。

今ここが転機なのだと。

 

どうだろうか。

ここからまた頑張って、

ありたいような自分になれないだろうか。

 

最近の自分にはみられないぽいじてぃぶな文だ。